年齢肌が気になっちゃうのよ!!
TOP PAGE > センシティブスキンなので、ファンデーション選出

センシティブスキンなので、ファンデーション選出

センシティブスキンなので、ファンデーション選出には気を使います。刺激が大きいものだと細かい発疹が出来てしまい、いち早く痒くなるのです。



なので、必ずカウンターでサンプルをもらって試してから買い求めるようにしています。



この間に買ったクリームファンデーションは肌にちょうどのようですが、今後もしっかりと試して買いたいと考えています。

秋冬の乾燥しがちな季節はもちろん、クーラーがきつい夏も肌へのダメージが気になりますよね。ですけど、毎日おこなうスキンケアは意外と面倒くさいんです。
その場合に便利なのがオールインワンというものなのです。



最近のオールインワンコスメというのはとってもよく出来ており、べた付きもあまりなく、保湿の効果も高くて嬉しい限りです。老化した肌にはシミがない方が珍しいことと言えるでしょう。


と言いながらも、どうにか改善したい女性なら沿う思うのではないでしょうか。



シミを改善したくて私が試したことと言えば最初にビタミンC誘導体を使用し、次いで、ハイドロキノンを使用しましたが、それでも満足できず、現在、レチノールで落ち着いています。最終的に、シミを取り除くには、レーザー治療ということになるのかもしれません。
肌がデリケートな人は、W洗顔がいらないメイク落としなどで洗うと、余分な油分が残らずに済みますし、爽やかになります。それでもダブル洗顔を要望する場合には、ぬるま湯で少し洗い流す程度にとどめておきましょう。デリケート肌は、肌の状態が変化しやすいので、その変化に柔軟に対応していくことが大事なことです。
自分に合った美白化粧品を探すのはナカナカ大変です。シミ対策としては、第一にシミができた原因や、必要な対策を知ることが大事です。



化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

医療機関で、レーザー治療などを受けてシミを薄くすることもできますが、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと言いきってよいでしょう。
しわ取りテープというユニークな商品があります。この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって紹介されており、その人自身も愛用しているということした。


顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。貼りつけている間は引き締まってる感覚がナカナカ良く感じるようなのですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹(正確には、発疹が起こると表現します)などを起こす人がいてもおかしくありません。しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!なんてことになったら大変です。



正しい方法で使用しましょう。
朝の洗顔の際に、私の母は、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。

母は顔を洗う時には水だけで洗います。



母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌に悪いから水だけの方がいいと、石鹸いらない説をよく言います。
そんな母のお肌は65歳なのにピカピカしています。お酒も適量ならば全身の血行を良くし、美肌効果も期待できます。
市販の酒粕をパックとして使うとくすみのない肌になる沿うです。



酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、水を加えてペースト状にし、ペーストになるまでよく混ぜます。
小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、なめらかにして、酒粕パックの完成です。



とは言っても、日本酒が不得意な方にこのパックは勧められません。毛穴、中でも鼻の毛穴に目たつ角栓があるとすごく気になりますよね。かといって、顔を洗うときに無理に取ろうとしてしまうと、逆にお肌を傷つけてしまうといったことにもなるので、その方法はお薦め出来ません。



ピーリング石鹸等を使用して角栓を優しく取り除くといいでしょう。
ですが、使い過ぎるのも良くないので、週1〜2回ほどの使用を守って下さい。スキンケアは念入りにおこなう方なのですが、その最中にふと思いついたことがあります。肌が柔らかい状態でいる場合しわもナカナカできにくいのではないでしょうか。


目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやりはじめて、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわがあまり目たたなくなってきたように思います。炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 年齢肌が気になっちゃうのよ!! All rights reserved.